2010年05月08日

“理想の大学”の原型になった「一図」

時事問題を図解する。自分なりの意見を加え、図を進化させ、実際に提案する。



『“理想の大学”を創る』というミッションの原型になった一図。

西日本新聞2006年7月26日朝刊社説「淘汰の荒波が押し寄せた
私大定員割れ」を元に図解した図解にさらに自分の意見を加えた
図を描いた。

その後も計5回、延べ100名以上の参加者と共に、この問題を
ディスカッション。

この時点で、「『働きながら・退職後も』行きたい・行ける学校を!!」
というコンセプトを打ち出していた。

自分自身、福岡大学経済学部での4年間は、日本経済新聞社の
育英奨学生(いわゆる新聞奨学生)として過ごしたが、同期入学の
5人中、2人が大学をやめるか仕事を辞め、2人が留年。

結局、4年で卒業し、第1志望の職に就いたのは自分一人。

ただし、仕事(新聞配達)で知り合ったライバルは、同じ状況でも
成績優秀で学業特待生(学部600人中3人)になっていた。

意識が高い人間は、どのような状況下でも結果を出してくる。

自分の境遇を嘆く前に、ベストを尽くすこと。

今、一番後輩たちに伝えたいこと・・・



同じカテゴリー(30分で図解)の記事画像
思考する習慣を身に付けよう
「今日の自分」を如何に生きるか?
「時事問題」図解のススメ
積極的「借図」のススメ
図解で行政サービスを考える
「成功」と「失敗」を分けるもの~その6
同じカテゴリー(30分で図解)の記事
 思考する習慣を身に付けよう (2014-09-15 07:47)
 「今日の自分」を如何に生きるか? (2014-09-09 17:16)
 「時事問題」図解のススメ (2014-09-06 06:07)
 積極的「借図」のススメ (2014-09-04 23:33)
 図解で行政サービスを考える (2012-09-26 07:41)
 「成功」と「失敗」を分けるもの~その6 (2012-09-25 07:30)

Posted by つねさん@zukai at 04:29│Comments(0)30分で図解
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。