2009年01月14日

裁判員法67条を考える

「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」
67条では

刑の量定について意見が分かれた場合、
裁判官及び裁判員の
「双方の意見を含み」「過半数になるまで」
被告人にとって最も不利(量刑が重い)な意見
から検討が続く。

図に描いてシュミレーションしてみて
わかったことは・・・




同じカテゴリー(法律図解)の記事画像
裁判員法67条2項でわかった事
「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」を図解すると
同じカテゴリー(法律図解)の記事
 裁判員法67条2項でわかった事 (2009-01-15 03:16)
 「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」を図解すると (2009-01-13 02:18)

Posted by つねさん@zukai at 02:42│Comments(0)法律図解
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。